落語の質屋

質屋は、落語の中ではおなじみの存在です。 落語自体が庶民の生活を描いた物が多いため、生活に密着した題材として沢山出てくるのは当然かもしれません。

江戸時代の質屋

質屋が隆盛を極めたのは、江戸時代頃と言われています。 その数たるや現在の郵便局を凌ぐ数で、人口300人あたり1軒程度、というデータも残っているほどです。

質屋の査定の差

同じ品物を持っていっても、質屋によって査定額が異なる…そんな経験をした人もいるかもしれません。 査定の差というのは、どうして起きるのでしょうか?